新潟のお料理レシピならトキっ子食くーる

中華ちまき

60分
本間 真弓

材料 ※10個

  • もち米2カップ(360g)
  • 竹の子100g
  • 焼き豚80g
  • 人参100g
  • 干椎茸3枚
  • 干しエビ15g
  • しょうゆ大さじ1
  • 砂糖小さじ2/3
  • オイスターソース大さじ2/3
  • 20ml
  • 小さじ1弱
  • コショウ少々
  • 干椎茸と干しエビの戻し汁合わせて270ml (たりなければ水をたす)
  • ごま油大さじ1

作り方

  • もち米は洗って水に漬ける (2時間以上) 干椎茸、干しエビはそれぞれ水で戻しておく
  • もち米をざるに上げて水気をきる
  • 竹の子、焼き豚、人参、椎茸は5ミリ角に切る 干しエビは細かく刻む
  • しょうゆ、砂糖、オイスターソース、酒、塩、こしょうを合わせておく
  • フライパンにごま油を熱し、3を炒め、もち米、戻し汁、4の合わせ調味料を加えて汁気がなくなるまで炒め煮する
  • バットに広げて粗熱をとり、10等分してアルミホイルで包む
  • しっかり蒸気の上がった蒸し器で30分~蒸す

本間 真弓 管理栄養士・フードコーディネーター・新潟県6次産業化プランナー

1個分・・エネルギー:135kcal 食塩1.3g
今が旬の竹の子の名の由来は、竹の地下茎から伸びた若い茎で「竹のこども」の意からきています。
生の竹の子の下ごしらえは先端を斜めに切り、火の通りを良くするために縦に皮に切れ目を入れてからぬかを入れた湯で茹でます。
竹串がすっと刺さるようになれば茹であがり。(30分から60分くらい)
茹で汁につけて冷まし、水でよく洗って皮をむいて使います。

講師プロフィールはこちら

>>トップページにもどる

 

おすすめレシピ

 
このページのトップへ


  • 会員さんのレシピ投稿
  • レシピ投稿
  • 栄養士さんのレシピ投稿